1. TOP
  2. 九星気学風水
  3. 用事が凶方位にあるとき

用事が凶方位にあるとき

大阪で吉方講座でした。
自宅からだとばっちり破れの方角(=凶方位)だったので、先に、戌の方角で吉方取りしてから向かいました。

せっかくの講座だもんね。

2014年1月にはじめて吉方講座を受けてから、丸3年が経ちました。4年めに突入です。

今回はご新規さんが3名おられたので、基本的な吉方取りのレクチャーから。
忘れていることもあったり、ちゃんと覚えていることもあったり。知識がちゃんと身についているのか?を確認するために、毎年、2回は参加しています。

師匠は、杏碧(あおい)さんです。
熊野速玉大社の生まれで、現役の風水師でもある妙齢の女性ですよ。

去年はどんなことがあったか?を、みんな、勝手にしゃべるんですが、
2・5・8のひと同士で「去年は、ほんっと!!ひどかった!!!」っていう話をしておりました。

杏碧センセ「えー、ゆったや~ん」
2・5・8「覚えてません!」

※二黒土星、五黄土星、八白土星

ま、そんな感じで、アットホームな講座でございます。

五黄土星にとって2017年はいい年の流れだそうで。ただし、2018年が運気ダウンなので、ほんと、2017年は勝負の年。

講座が終わった最後は、みんなであおいさんが持ってきてくださったエジプト香油をくんくんして、「これがいい」「これはなんの効果が?」って言いながら、お買上げ。

エジプト香油もまた、ご紹介しますね。

ライター紹介 ライター一覧

開運活動家 ゆきたん

代表取締役社長、開運活動家、当ブログの編集長。
アラフォー独身子ナシ女性。ノマドワーク(在宅仕事)歴15年の、ノマドンナでもある。

この記事も一緒に読まれています

  • 仙台吉方講座に参加

  • 2017年九星気学講座のご案内

  • 天道吉方位

  • 名古屋へ行く前に、お水取り

  • カフェドクリエの利用率高し

  • 戌の方角で吉方取り